グレート・ブルーホールでこの規模の探検が試みられるのは史上初である。

アクアティカ潜水艦探検

アクアティカ・サブマリンが2019年11月27日から12月13日まで、ベリーズのグレート・ブルーホールの遠征マッピング 。

科学者、探検家、映画制作者のチームが2週間にわたり、この地質学的驚異のデータを収集し、写真やビデオを撮影した。ヴァージンのリチャード・ブランソン卿と、自然保護活動家ジャック・クストーの孫であるファビアン・クストーもこのツアーに参加した。

ブルーホールは、直径300メートル、深さ125メートルの世界最大の海底陥没穴である。

この主要なスキューバホットスポットは、ベリーズバリアリーフ保護区システムとユネスコ世界遺産の一部です。この規模の遠征がブルーホールで試みられるのは史上初である。

このハイテク探査は、ブルーホールのソナー・スキャンを実現し、科学データを収集し、教育的意識を高めることを目的としている。

 

ソナー装備の潜水艇2隻

探検チームは、スティングレイ500潜水艇とロアタン深海探査研究所のIDABEL潜水艇という2隻の潜水艇を利用して、マッピング 。

どちらも(潜水艦)最大12時間、3人まで乗船可能。探査技術に理想的な大型機器プラットフォームを提供する。

コングスバーグの2軸ソナーが、陥没穴の3D表現を作成するために使用された。地表と海中に設置されたソナー装置には、SBG Systems'Ellipse 慣性センサーも装備されていた。

アクアティカ・サブマリン社のスティングレイ500潜水艦

 

吊り下げられた三脚の上に Ellipseブルーホールの周囲をマークするために使用された。科学者たちは記録されたデータをMS1000処理ソフトウェアで即座に処理した。

高解像度3Dソナー・マップ

探検隊の最大の成果のひとつは、陥没穴を高解像度の3Dで表現したことだ。これは同地で実現した最初の360ソナー地図であり、同地の完全なマッピングを提供するものである。Kongsbergの2軸ソナーは、ブルーホールの3Dマップを作成するためにポイントcloud データを収集した。

ソナーはマッピング 船にポールマウントされ、GPSとモーション・リファレンス・ユニットがスキャナーの頭上に直接設置された。

(画像出典:Mark Atherton/Kongsberg)

 

すべてのデータが収集され、処理され、確定されると、それらは遺産としてベリーズ政府と科学コミュニティに譲渡される。

もうひとつの大きな成果は、リチャード・ブランソン卿、ファビアン・クストー、アクアティカのチーフ・パイロットがグレート・ブルー・ホールから2時間の生中継をディスカバリー・チャンネルで放映したことです。

Ellipse-A

コンパクト&堅牢

  • 0.1° 360°以上のロールとピッチ
  • 0.8°ヘディング(内部磁力計)
  • 5 cm リアルタイム・ヒーブ
  • ライト・エンクロージャー(OEM)で利用可能
  • フル開発キット
  • ROSドライバー
詳細情報 ''