Navsight Apogee は、ニアショアおよびオフショア調査において卓越した性能を発揮します。低消費電力、設置面積の小ささ、初期化時間の短さと相まって、あらゆるUSV 作業に最適なソリューションです。

ジェームズ・ウィリアムズUSS監督

スケーラブル・アクセション・クラスUSV

英国を拠点とするUSS(Unmannedサーベイ Solution)社は、SBGのNavsight INSを使用して、"Accession ClassUSV" と呼ばれる非常にユニークな無人水上船舶を製作した。

今日と明日の測量士のニーズに応えるために設計されたこのUSV は、モジュラー設計を取り入れ、希望する用途に応じて3種類の長さのボートを用意している。

ベースとなる全長3.50mは、船体セクションを追加することで4.25mまたは5.00mまで伸ばすことができる。

 

Navsight INS
Navsight INS + GNSS

 

水路用途のための完全装備

標準USV 水路ペイロードには、IHO特別注文調査に対応する業界最高水準のセンサーが搭載されている。

これらは、R2Sonic SONIC 2024マルチビームソナー、SBGApogee Navsight INS + GNSSソリューション、音速測定用のValeport MiniSVS & SWIFT SVPで構成されている。

彼らはHypackまたはQINSyHydrographicソフトウェアを使用してデータを取得し、ミッションの計画、取得、後処理、および最終製品を作成する。

この非乗組型プラットフォームは、有人船よりも安全でコスト効率に優れ、近海や沖合での操業に適している。

フル3D環境のためのLiDARの追加

AccessionUSVはペイロードにとらわれず、顧客による完全なコンフィギュレーションが可能ですが、標準コンフィギュレーションでは、地上の構造物をマッピングするためのCarlson MerlinレーザースキャナーのようなモバイルLiDARと連動させ、水上および水中で完全な3Dポイントcloud を作成することもできます。これは、組み込みのSBG慣性航法システム(INS)を使用することによってのみ達成可能です。このシステムは、浅瀬と深場の両方の水域で、オープンスカイでも、橋や樹冠の下などの厳しいGNSS環境でも、また、高い建物がGNSSの地平線を遮ることが多い都市部でも、非常に多目的に使用できます。このような状況では、 Qinertia と 呼ばれるSBGのポスト処理ソフトウェアを使用することで、センチメートルレベルのRTK位置精度が大幅に改善されます。このPPPおよびPPK対応ソフトウェアは、シングルまたはバーチャル基地局モードを提供し、ユーザー独自の基地局RINEXデータを組み込むこともできます。

Accesion 350USV 、SONIC 2024、Apogee Navsight 、Merlin Laser を使用して測量されたコンウェイ岸壁、コンウェイ橋、コブ。

 

詳しくはGPSワールド2020年11月号をご覧ください。

Navsight Apogee マリーン

浅瀬から深海まで

  • 0.008° ロールとピッチ
  • 0.01° GNSSヘディング(4mベースライン)
  • GNSS RTKモードでは1 cm + 0.5 ppm
  • 5cmヒーブ、2cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理
  • あらゆる水路作業に最適なソリューション
詳細情報 ''