SBG Systemsテクニカルサポートは非常に有能で、INSの設定方法やレーザーの使用方法についても非常に親切だった

テレストリアルスキャニングとMBESの組み合わせ

高解像度の3D水深測量(INS GNSS)の需要がますます高まっているため、業界関係者の絶え間ない技術革新が求められています。それに伴い、一つの大きな課題が生じます。それは、地上と水深の3Dモデル間の再計算です。

あらゆる調査を専門とするフランスのエンジニアリング会社OPSIAは、マルチビームエコーサウンダーとテレストリアルレーザースキャナーを組み合わせるというユニークな解決策でこの問題に挑むことにした。

 

MBESと地上レーザスキャナの組み合わせ

このプロジェクトは、MBES(マルチビームエコーサウンダー)と地上レーザースキャナーという2つの異なるシステムを、慣性航法システム(INS)と組み合わせて使用するものである。

このプロジェクトは、同社がすでに持っていたさまざまな機器(MBES、レーザースキャナー、INS)を利用するというアイデアから生まれた。MBESシステムとMMS(モバイル・マッピング・システム)を組み合わせることで、マッピング機能を強化する統合ソリューションが誕生した。

 

によって、MBESシステムとMMS(モバイルマッピングシステム)の複合ソリューションを得るためにそれらを組み合わせる。

解決策

 

ンスサーベイ

 

MMSとMBESの同期

 

  • マルチビームエコーサウンダーシステム

慣性航法システムは、テレダイン・レゾンが推奨するように、つまりポータブル・ソナー・プロセッサ、MBES、INSを相互に接続することによって使用され、統合される。

一定のPPS信号がすべてのデバイスを同期させ、シームレスな動作を実現する。

  • モバイル・マッピング・システム

MMSは、スプリットボックスのシリアルポートの1つから送信される独自のPPS信号によってINSと組み合わされ、レーザースキャナーデータの記録を開始し、データの記録を停止します。

最初のPPS信号の "イベントマーカー "記録は、INSデータとレーザースキャナー・データ間の時間同期を可能にする。

 

 

 

Ekinox INSはシステム全体の中心にあります。SplitBoxはMBESを接続し、IMUやGNSSとの通信を容易にし、統合機能を実現します。

スプリットボックスは、レーザースキャナーに接続し、ミラーの回転ごとにタイムスタンプを取得する。

もうひとつの小さな電気部品(Arduino NANO)を使って、両デバイスを完全に同期させ、シームレスな動作を実現している。

 

結果と洞察

モービルマッピングシステムの結果はかなり良い。今のところ、OPSIAではシステムの精度を評価するのに十分な時間がなかったが、INSシステムが与える軌跡は良好のようで、レーザースキャナーとINSシステムを組み合わせて得られるポイントcloud も良好のようだ。

Ekinox-Uはレーザースキャナーを使用した。

プロジェクトのかなりの部分は完了した!次のステップは、MMSをMBESと組み合わせることだ。

結果は次のような護岸になるはずだ:

 

bathymetric-サーベイ-opia

すべての写真のクレジット: OPSIA

OPSIAについて

オプシアは、測量専門家によるフランスのエンジニアリング・オフィスです。20年以上にわたり、土地、建築、インフラ、エンジニアリング、水力構造物、あらゆるスケールの地図作成などの調査を行っています。

オプシアは、地上地形と航空地形の分野において、様々な分野の交差点に位置する独自のノウハウを有しています。オプシアの技術とエンジニアのスキルは、フランス国内はもとより、世界中の地方自治体、企業、個人など、さまざまなお客様にご満足いただけるよう、幅広いプロジェクトに活用されています。

Ekinox-U SplitBox ソリューションについて

EkinoxU pair with SplitBoxは、サーベイ 市場専用の慣性ナビゲーション・ソリューションである。統合されたGNSS受信機と、複数の機器とSBG慣性センサー間の接続により、統合が容易になりました。

今日、このソリューションはNavsight マリーン ソリューションに取って代わられ、アルミニウム製IP68筐体による堅牢性、システム上のLEDインジケーターによるステータス表示(RTK、電源、レコーダーなど)、そしてすべての計算がGNSS受信機も内蔵されたNavsight ボックスで行われるため、MBESの近くに設置するための小型IMUがもたらされている。

Navsight Ekinox

国外退去処理とGNSS

  • 0.02° ロール&ピッチ(RTK)
  • 0.05° GNSSヘディング(4mベースライン)
  • 1 cm 位置(GNSS受信機による)
  • Qinertia PPKソフトウェアによる後処理
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • サブシーエンクロージャーの表面で使用可能
詳細情報 ''