デュアルアンテナGNSS受信機を備えたオールインワンINSは、ロール、ピッチ、ヘディングだけでなく、センチメートルレベルの位置(RTK)を提供します。INSはさらに、波の周期に合わせて自動的に調整された正確なヒーブデータを提供します。

GNSS停止時のUSV ナビゲーションや、エコー・サウンダーのような精密なペイロードの安定化に適している。

推奨製品

Ekinox-D

Ekinox-D

モーション、ヒーブ、RTK

Ekinox-D は、ロール、ピッチ、GNSSベースのヘディング、ヒーブ、位置を提供するオールインワンサーベイ グレードの慣性システムです。

デュアルアンテナ機能により、正確なヘディングが要求されるアプリケーションに最適です。

Ekinox Series ''
  • 0.02° 360°以上のロールとピッチ
  • 0.05° ヘディング(GNSSベース)
  • 1cm RTK GNSS測位
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理
Apogee-D

Apogee-D

上級INS

Apogee-D は、正確なヘディングのためのデュアルアンテナGNSS受信機を搭載した高精度慣性航法システムです。

RTK、TerraStar、Veripos測位サービスをサポートする最新世代の3周波GNSS受信機を内蔵しています。

Apogee Series ''
  • 0.008° ロール&ピッチ(RTK)
  • 0.015° GNSSベースのヘディング
  • 1 cm 位置(RTK)
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理
Ekinox-E

Ekinox-E

外部GNSSによるナビゲーション

Ekinox-E は、外部機器からの補助データを受け入れるITARフリーの慣性航法システムです。

このコストパフォーマンスの高いINSは、慣性データと外部機器からのデータを直接融合し、最高のパフォーマンスを提供します。

Ekinox Series ''
  • 0.02° 360°以上の3Dオリエンテーション
  • 0.05° 外部GNSSによるヘディング
  • 1 cm 外部GNSSによる位置
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理
Ellipse-D

Ellipse-D

小型RTK GNSS/INS

Ellipse-D は、正確なヘディングとポジションのためのデュアルアンテナRTK GNSSレシーバーを内蔵したコンパクトな慣性航法システムです。新世代は、ハイエンドのフィルタリング処理のための64ビットアーキテクチャを内蔵しています。

Roll、Pitch、Heading、Heave、Velocity、Positionをリアルタイムで提供します。

Ellipse Series ''
  • 0.05°ロールおよびピッチ360°(RTK)
  • 0.2°ヘディング(デュアルアンテナRTK GNSS)
  • 5 cm リアルタイム・ヒーブ
  • 1cm RTK GNSS測位
  • Qinertia PPKソフトウェアによる後処理

Ekinox-D

モーション、ヒーブ、RTK

  • 0.02° 360°以上のロールとピッチ
  • 0.05° ヘディング(GNSSベース)
  • 1cm RTK GNSS測位
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理

Ekinox-D は、ロール、ピッチ、GNSSベースのヘディング、ヒーブ、位置を提供するオールインワンサーベイ グレードの慣性システムです。

デュアルアンテナ機能により、正確なヘディングが要求されるアプリケーションに最適です。

Ekinox Series ''

Apogee-D

上級INS

  • 0.008° ロール&ピッチ(RTK)
  • 0.015° GNSSベースのヘディング
  • 1 cm 位置(RTK)
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理

Apogee-D は、正確なヘディングのためのデュアルアンテナGNSS受信機を搭載した高精度慣性航法システムです。

RTK、TerraStar、Veripos測位サービスをサポートする最新世代の3周波GNSS受信機を内蔵しています。

Apogee Series ''

Ekinox-E

外部GNSSによるナビゲーション

  • 0.02° 360°以上の3Dオリエンテーション
  • 0.05° 外部GNSSによるヘディング
  • 1 cm 外部GNSSによる位置
  • 5cmヒーブ、2.5cmディレイ・ヒーブ
  • Qinertia PPKによる後処理

Ekinox-E は、外部機器からの補助データを受け入れるITARフリーの慣性航法システムです。

このコストパフォーマンスの高いINSは、慣性データと外部機器からのデータを直接融合し、最高のパフォーマンスを提供します。

Ekinox Series ''

Ellipse-D

小型RTK GNSS/INS

  • 0.05°ロールおよびピッチ360°(RTK)
  • 0.2°ヘディング(デュアルアンテナRTK GNSS)
  • 5 cm リアルタイム・ヒーブ
  • 1cm RTK GNSS測位
  • Qinertia PPKソフトウェアによる後処理

Ellipse-D は、正確なヘディングとポジションのためのデュアルアンテナRTK GNSSレシーバーを内蔵したコンパクトな慣性航法システムです。新世代は、ハイエンドのフィルタリング処理のための64ビットアーキテクチャを内蔵しています。

Roll、Pitch、Heading、Heave、Velocity、Positionをリアルタイムで提供します。

Ellipse Series ''

ケーススタディ

ヒント

ペイロードが必要とするナビゲーション精度に最適なモデルを選択するように注意してください。例えば、Ellipse2-Dは、センチメートルレベルのRTKを可能にする2周波GNSS受信機を内蔵し、Apogee-D は、精密点測位(Terrastar、Omnistarなど)への追加アクセスを可能にする3周波GNSS受信機を内蔵しています。

モーション・リファレンス・ユニット(MRU)と比較して、慣性航法システム(INS)は、あらゆる条件下でナビゲーション・データを大幅に改善します。位置情報は慣性データとリアルタイムで融合され、GNSS停止時(橋を渡る、サーベイ いくつかの山の近くの川など)にもロバストな軌道を提供します。

デュアルアンテナ受信機は、マリーン アプリケーションにおいて、より正確なGNSSベースの方位を提供します。マルチビームエコーサウンダーのような高精度のペイロードでは、生成されるポイントcloud の品質が左右されるため、高精度の方位が要求されます。